医療器具 歩行補助器用点滴スタンド・輸液ポンプ取付具

医療現場の声から開発されました! 鬼に金棒、歩行器にてんてく棒。

「てんてく棒」は、歩行器が必要な患者様が点滴中でも安心・スムーズな移動を可能にした点滴スタンド・輸液ポンプ取付具です。

てんてく棒イメージ

特徴

てんてく棒本体
Point1
既存製品に取り付けるだけ!

(株)星光医療器製作所製の折りたたみ歩行器(アルコー1型・1S型)に取り付けることで、既存製品を有効に活用しながら、患者様の安心・スムーズな移動を可能にしました。

Point2
取り付け簡単!2か所を固定するだけ!

(株)星光医療器製作所製の折りたたみ歩行器(アルコー1型・1S型)の2ヵ所を付属の接続部品で固定するだけで取り付けできます。

Point3
歩行器の左右、どちらでも取り付け可能!

点滴を投与する腕によって、取り付け位置を変えることができます。

Point4
輸液ポンプも取り付け可能!

てんてく棒の載荷重量は5kgのため、輸液ポンプが1台取り付け可能です。
※転倒の原因になりますので、指定よりも高い位置には設置しないでください。

各部と仕様

てんてく棒各部説明

[仕 様]

寸法 / 930×100×50mm
材質 / アルミ
重量 / 800g
耐荷重 / 5kg

[共同開発]

山口大学医学部附属病院
(地独)山口県産業技術センター

[意匠登録第1551776号]

意匠に係る物品 / 点滴スタンド用支持具
出願番号 / 意願2015-024097
出願日 / 平成27年10月29日
登録日 / 平成28年5月13日

取り付け方

てんてく棒は、下用コネクターを最初に取り付けます。

上用コネクター

てんてく棒の上用コネクターを歩行器の上部サイドフレームに差し込んでネジをしっかり回して絞めます。

コネクターについている安全ベルトを歩行器の支柱にまわしてロックします。

下用コネクター

歩行器の下部サイドフレームに下用コネクターを取り付けます。
次にてんてく棒本体下部のネジを下用コネクターの穴に通し、本体を回しながら、しっかりとネジを絞めます。

てんてく棒に関するお問い合わせは
TEL:0836-62-5255
s-shinwa@chorus.ocn.ne.jp

コメントを残す